テレセ友達探しをしているのですが、頑張って使っていく事で相手を探せることがよく理解できていました。
あっという間にとまではいかないものの、タイミングなどが合うと通話に持っていけることもありますね。
僕とすぐに通話をしてくれることになったのが、Jメールで知り合ったドM系のキャバ嬢(24歳)でした。
リアルな関係は無理だけど、通話で虐めて欲しいなんて言われちゃったんです。
そういうこと言われるの初めてだったから、心臓のバクバクはとっても激しくなってしまいました。
非モテの僕にこんな事言ってくれるなんて嬉しくて、LINEでオナ指示を出してあげることになっていきました。
すでにオナニーを楽しんでいたみたいで、「オマンコはもうビショビショになっているんです」と言ってきました。
「オマンコのビラを広げて、中を見せるようにしてみな」
こんなセリフを言う自分自身にもドキドキ感を感じてしまいます。
彼女も素直に「はい、私のオマンコ見てください…」と言ってくるんですから。
こういうやりとりを生でやれちゃう、この辺がテレフォンセックスの醍醐味なんでしょうね。
まるで相手の飼い主になったような気持ちとなり、多くのエロい指示を出して従わせていきました。
キャバ嬢のエロい声を聞いてシコシコもやっていき、彼女の絶頂を持って自分も射精を楽しんでいけました!
リアルな世界では非モテなデブだけど、こういったバーチャルの世界だったら十分女の子と楽しめることが分かっていきました。
こういったやりとりだけなのですが、今までなかった自信というのが湧き上がってくるのが分ります。
やっぱり人間って何かしら経験すると、少し前進することができるのですね。

女の子に対しても、何となく自信を持って接することができるようになっていきました。

 

定番サイト登録無料
テレエッチ募集サイトBEST5
テレセを希望する女の子を見つけるなら